現場管理ソフトとは?施工管理との違いやおすすめを紹介

現場管理ソフトとは?施工管理との違いやおすすめを紹介

現場管理ソフトは施工現場の進捗管理や情報管理などが効率良くできるソフトの事です。
この記事では、現場管理ソフトの選び方やおすすめのシステムを紹介します。

現場管理ソフトとは

現場管理ソフトとは、施工現場の様々な管理や、社内や業者間でのやり取り、お金の管理などが一元管理できるソフトのことです。
現場管理ソフトを使うことによって、様々なデータを簡単に確認することができます。
また、遠隔から現場を管理することによって、現場に行く回数を減らすことができ、業務の効率化が期待できます。
現場管理ソフトを導入することで、全体的な業務の改善が期待されます。

現場管理とは

現場管理ソフトの概要をご紹介しましたが、そもそも現場管理とはどのような管理を指すのでしょうか。
現場管理とは、工事やメンテナンスといった作業現場で必要となる業務を管理することです。

具体的に管理する項目は、以下の通りです。

  • 工程管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 労務管理
  • 資材管理
  • 安全衛生管理
  • 廃棄物管理
  • 顧客管理

現場管理と施工管理の違い

現場管理施工管理は言葉は違いますが、どれも工事現場の全体の業務管理のことを指しています。

しかしながら、現場管理と施工管理の仕事は若干違います。
現場管理は、工事現場における業務管理のことで、施工管理仕事を管理する意味合いが強いです。
工事を納期内に終わらせられるように予定を組んだり、資材や作業人数の調整を行います。

現場管理ソフトのメリット・デメリット

現場管理ソフトを導入するにあたってのメリットとデメリットを紹介します

メリット

現場管理ソフトを導入すれば、遠隔から工事全体の状況を管理することができ、効率化や業務改善に繋がります。
また、情報を簡単に共有することができ、現場に行く手間が省けます。

業務効率がアップする

現場管理ソフトを使うことで、情報を一元管理することができます。
情報を一元管理することで、様々な情報をすぐに確認することができ、業務効率がアップします。
また、情報もネット上で確認できるため、紙を印刷する必要もないです。

施工管理の業務改善を図りたい!効率化のためのアイテムをご紹介

情報共有できる

現場管理ソフトでは、リアルタイムで社内や業者間で現場の状況を楽に共有できます。
そうすることで、現場に行かなくても現場状況を確認することができ、作業の効率化が期待できます。
また、現場でトラブルが発生した場合も、チャットで迅速に対応することができます。

属人化とは?リスクや原因・解消方法までご紹介!

デメリット

現場管理ソフトを導入するメリットはありますが、デメリットもあります。

コストがかかる

現場管理ソフトを導入する際は初期費用や月額料金がかかる場合が多いです。
自社に見合ったシステムを導入する必要があります。
しかしながら、紙でのやり取りが減るため、ペーパーレスのコスト削減にも繋がります。

操作が慣れない

現場管理ソフトは、パソコンやスマホを使うため、操作が慣れないことがあるかもしれません。
年配の方でも使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
また、事前に操作を教えたり、覚えたりする必要があるため、そのサポートがあるかも確認しておきましょう。

現場管理ソフトの選び方

現場管理ソフトを選ぶ上で重要なポイントを紹介します。

操作が簡単なものにする

操作が難しく時間がかかってしまうと、現場管理ソフトを導入した意味がありません。
特に年配の職人さんなど、スマホやパソコンに慣れていない方でも操作がわかりやすいものを選ぶことが重要です。
操作がしやすいものは管理もしやすいでしょう。

必要な機能を選ぶ

現場管理ソフトの中には様々な機能があります。
中には自社で使わないものもあるかもしれません。
機能が多ければ良いというわけでもありませんので、自社の課題を見つけ、それに見合った機能があるシステムを選ぶと良いでしょう。

安心して使えるか

現場管理ソフトなどネットを介したサービスは、様々なサポートがあると安心でしょう。
導入前から導入後までのサポート体制をきちんと確認しましょう。
使い方の研修や、情報漏洩やシステムエラーがあった際、すぐに対応してくれるところが良いでしょう。

現場管理ソフト4選

おすすめの現場管理ソフトを紹介します。

建築業向け管理システム アイピア

アイピアは、工事に関するあらゆる情報を一元で管理できるシステムです。

顧客管理から見積管理、原価管理、工程管理まであらゆる情報を共有・管理できます。
またクラウドシステムであるため、作業現場からの操作も可能です。
建築業の業務管理を効率化したい方にぜひ一度ご利用いただきたいシステムです。

特 徴

  • 建築に特化した機能が揃っている
  • PCが苦手でも操作できる
  • サポートが充実している
  • 外出先からも確認・入力ができる
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用12万円~ 月額料金 1万円~
体験版

LIXIL現場管理情報共有システム

クラウドで情報共有するため、社内や業者間での情報共有が楽になり、業務効率をアップさせることができます。

特 徴

  • 進捗を見える化して管理が簡単になる
  • リアルタイムで情報確認できる
  • 協力業者別にスケジュールを管理できる
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用30万円 月額料金1万円~
体験版 要問合せ

ANDPAD

ANDPADは経営から現場までの業務を一元管理できます。

特 徴

  • チャットアプリでコミュニケーションが取れる
  • いつでもどこでも最新のデータを確認する事ができる
  • 協力業者別にスケジュールを管理できる
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用 10万円 月額料金 要問合せ
体験版 要問合せ

現場ポケット

リモートで現場を見える化し、施工現場の生産性を高め、情報共有を最大化します。

特 徴

  • 様々なオプションがあり、必要な機能を選択できる
  • 年配の職人さんでも使いやすい
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用11万円~ 月額料金 22000円~ オプション 要問い合わせ
体験版 記載なし

現場管理ソフトなら建設業向けシステム「アイピア」

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

まとめ

現場管理ソフトを導入することで、現場に行かなくても、現場の状況を確認することができ、業務改善や従業員の負担軽減に繋がります。
そうすることで、業務効率と生産率がアップするでしょう。
また、データの共有も簡単にでき、リアルタイムっ出のチャットもできるため、トラブルに迅速に対応することができます。
データを管理しやすく、共有しやすくして業務を改善したいと思っている方は、現場管理ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。

執筆者情報

関連記事

  1. 現場管理費とは?重要性や内訳を徹底解説!

    現場管理費とは?重要性や内訳を徹底解説!

  2. 月間工程表の作成のポイントとは?種類や作成ツールも紹介

    月間工程表の作成のポイントとは?種類や作成ツールも紹介

  3. スマートハウスとは?定義やメリット・デメリットを解説!

    スマートハウスとは?定義やメリット・デメリットを解説!

  4. 工事台帳のフリーソフトおすすめ5選!選び方のポイントも徹底解説

    工事台帳のフリーソフトおすすめ5選!選び方のポイントも徹底解説

  5. 見積システムおすすめ5選!必要な機能や選び方を解説

    見積システムおすすめ5選!必要な機能や選び方を解説

  6. 建築用語で使われる見切りとは?役割や選び方も解説!

    建築用語で使われる見切りとは?役割や選び方も解説!