無料で使える!

建築業界(リフォーム・工務店向け)
"鍵引渡書" エクセルテンプレート集
施工管理システム アイピア

 

建築業界で使用しやすい、鍵引渡書のエクセルテンプレートです。
一般的なフォーマットから、カジュアルなデザイン、受領書付きなどの便利なフォーマットまで、様々なテンプレートを無料ですぐにご使用いただけます。

時間短縮!建築業で利用できるエクセルテンプレート・フォーマット

鍵引渡書は、顧客や取引先に物件の鍵を引き渡したことを証明する書類です。
鍵引渡書を作成することで、物件を引き渡した後のトラブルを防止することができます。

今回は、無料ですぐに利用できる鍵引渡書のエクセルテンプレートと、作成の目的や記載項目などをご紹介します。

鍵引渡書とは

鍵引渡書とは、賃貸物件や不動産の鍵を引き渡す際に、発行する書類です。

マンション・アパートなどの賃貸契約の際に、貸主が借主に対して発行することが多いですが、新築工事や改修工事、リフォーム工事などの場合でも、新たな鍵を引き渡すタイミングで、その証明として鍵引渡書を発行します。

鍵引渡書には、渡した鍵の本数・番号・建物名・部屋番号等を記載します。
また鍵引渡書は、賃貸契約の場合は不動産会社、分譲マンションの場合は管理会社、新築工事やリフォーム工事の場合は工事を請け負った業者が発行します。

鍵引渡書の目的

鍵引渡書は、賃貸契約時や請負工事が完了した後、鍵を引き渡した事実とその本数・番号の証明を目的として発行します。
鍵引渡書を発行しない場合、賃貸契約が終了し鍵を返却する場合や工事完了後に、「鍵を引き渡したか」「何本引き渡したか」という齟齬やトラブルが発生する場合があります。

こうしたトラブルや齟齬を防ぐためにも鍵引渡書を発行します。

鍵引渡書の記載項目

鍵引渡書の記載項目は以下の通りです。

 
  • 日付
  • 鍵の受領者の情報
  • 鍵の引渡者の情報
  • 物件名(邸名や不動産名)
  • (賃貸の場合)部屋番号
  • 鍵番号
  • 鍵の本数
  • 備考・特記事項
  •  
 

新築工事やリフォーム工事などがあった場合などは、工事に関する情報を記載すると良いでしょう。

 

まとめ

鍵引渡書は、鍵を引き渡した後に起こるトラブルを防ぐためにも、必ず発行するようにしましょう。
また、発行しても必要な項目を満たしていなければ、書類の目的を果たすことができません。
作成する際は、テンプレートなどを活用し、内容をよく確認して発行しましょう。

顧客が取引先が増加し、エクセルで資料を作成・管理するのが限界という方は、システムの活用がおすすめです。
弊社が提供する、『建築業(リフォーム・工務店)向け管理システム アイピア』は、事前にデータを入力しておけば必要な書類をワンクリックで作成できます。
またクラウドシステムであるため、外出先からでも資料の作成・確認・変更が可能です。
業務効率化を目指すなら、導入を検討されてはいかがでしょうか。

 
×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」