無料で使える!

建築業界(リフォーム・工務店向け)
"工程表" エクセルテンプレート集
施工管理システム アイピア

建築業界で使用しやすい、工程表のエクセルテンプレートです。
一般的なフォーマットから、便利なフォーマットまで、豊富な種類のテンプレートを無料ですぐにご使用いただけます。

時間短縮!建築業で利用できるエクセルテンプレート・フォーマット

建築業で利用できる工程表のエクセルテンプレート・フォーマットを無料でダウンロードできます。
様々な用途に合わせた多種多様なテンプレートをすぐにご利用いただけます。
また、エクセルで工程表を作成する際に注意するべき点、工程表の種類やエクセルとの互換性などをご紹介します。

工事工程表エクセルテンプレート

無料

進捗管理ができる工事工程表エクセルテンプレート

無料

製造業向けQC工程表エクセルテンプレート

無料

エクセルテンプレートを使用する際の注意点

工程表のテンプレートを活用することで、誰でもカンタンに工程表を作成することができます。
ただし、テンプレートを使用する際には注意が必要です。この章では、工程表をテンプレートから作成する際の注意点をご紹介します。

エクセルやパソコンのバージョンや機種に注意する

特に無料のテンプレートを使う場合、エクセルやパソコンのバージョンによって使用できない場合があります。
また、Macやタブレット型のPCでは使用できないテンプレートもある為、注意が必要です。

実際、以下のようなケースが考えられます。

  1. バージョンや機種に対応しておらず、ファイル自体が開かない
  2. レイアウトやデザインが崩れる、白抜きになる
  3. 関数やプログラムが使用できず、エラーが表示される。

属人化の可能性がある

工程表をテンプレートで作成する場合、属人化する可能性が高くなります。
つまり、退職などの理由により管理者が変わった場合に、メンテナンスや修正ができなってしまう場合があります。

こうした事態を防ぐためにも、事前に工程表テンプレートの作成方法や管理方法をマニュアル化しておくと良いでしょう。

テンプレートを使用できる工程表の種類とは

工程表には、様々な種類があります。
この章では、工程表の種類や特徴と、エクセルテンプレートを使用できる工程表をご紹介します。

工程表の種類と特徴

工程表の中でも代表的なものは以下の5つです。

  1. バーチャート工程表
  2. ガントチャート工程表
  3. グラフ式工程表
  4. 出来高累計曲線(斜線式工程表)
  5. ネットワーク式工程表

これらの工程表の特徴をまとめた表は以下の通りです。

バーチャート
  • 作業難易度:簡単
  • 日数管理:〇
  • 進捗率管理:△
  • エクセル互換性:〇
ガントチャート
  • 作業難易度:簡単
  • 日数管理:×
  • 進捗率管理:〇
  • エクセル互換性:〇
グラフ式工程表
(斜線式工程表)
  • 作業難易度:やや難しい
  • 日数管理:〇
  • 進捗率管理:〇
  • エクセル互換性:△
出来高累計曲線
  • 作業難易度:やや難しい
  • 日数管理:×
  • 進捗率管理:〇
  • エクセル互換性:△
ネットワーク式
  • 作業難易度:難しい
  • 日数管理:〇
  • 進捗率管理:〇
  • エクセル互換性:△

工程表との互換性は?

5つの代表的な工程表をご紹介しましたが、エクセルテンプレートで活用できる工程表は、「バーチャート工程表」「ガントチャート工程表」の二つです。
これらの横線式工程表は、エクセルの基本知識があれば簡単に作成することができます。

対して、その他の曲線式工程表やネットワーク式工程表は、エクセルの基本知識だけでなくVBAやマクロなどの知識が必要であるため、専用のシステムやソフトを活用したほうが良いでしょう。
また、エクセルを使う場合でも、曲線式工程表やネットワーク式工程表用にすでにプログラムされているテンプレートを活用することをおすすめします。

工程表テンプレ―トおすすめ5選

工程表のテンプレートは、インターネット上で様々な企業が提供しています。
中でも、弊社がおすすめする無料で使えるエクセル工程表は以下の5つです。

上記の工程表テンプレートを提供しているサイトは、建設業に特化した簡単に使える工程表や曲線型・ネットワーク式のテンプレートなど、便利な工程表が多数揃っています。
さらに工程表だけでなく、見積書や発注書などどの業種でも使えるテンプレートをはじめ、建築業で必要な工事台帳、工事完了報告書、工事挨拶書などのテンプレートもあるため、業務効率化に効果的なサイトです。

まとめ

工程表をエクセルで作成する際は、マニュアル作成などによって共有体制を整えておくことで、属人化のリスクを低減できます。
また、作成開始後にPCやエクセルのバージョンに合わない工程表であった場合、もう一度作りなおす必要があり、2度手間になってしまいます。こうした事態を防ぐためにも、事前に対応機種やバージョンを調べておくようにしましょう。

「事前の準備が面倒」「共有体制やセキュリティが心配」という方は、システムを活用するのがおすすめです。
弊社が提供する『建築業向け管理システム アイピア』は、工程管理機能はだけでなく、顧客の情報や見積情報、原価情報など、工事に関するあらゆる情報を一元で管理することができます。
更にアイピアは、クラウドシステムであるため、外出先でも工程表の確認や修正、共有が可能です。
体験デモも行っておりますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」