無料で使える!

建築業界(リフォーム・工務店向け)
"工事台帳" エクセルテンプレート集
施工管理システム アイピア

建築業界で使用しやすい、工事台帳のエクセルテンプレートです。
一般的なフォーマットから、計算式が入った便利な機能付きのフォーマットまで、様々なテンプレートを無料ですぐにご使用いただけます。

時間短縮!建築業で利用できるエクセルテンプレート・フォーマット

建築業で利用できる工事台帳エクセルテンプレート・フォーマットを無料でダウンロードできます。
様々な用途に合わせた多種多様なテンプレートをすぐにご利用いただけます。
また、工事台帳を作成する上での注意点もご紹介します。

工事台帳エクセルテンプレート

無料

科目別工事台帳エクセルテンプレート

無料

原価計算書エクセルテンプレート

無料

工事台帳エクセルテンプレートとは

誰でも使える工事台帳エクセルテンプレートをご用意しました。
本サイトの工事台帳エクセルテンプレートの特徴は以下の通りです。

  • 1工事につき1枚で利用できます。
  • 工事原価の4科目(経費・材料費・労務費・外注費)別に集計できます。 ※科目ありの場合
  • 科目や計算式がない、自由度が高めのテンプレートも利用できます。

工事台帳エクセルテンプレートの使い方

本サイトの工事台帳エクセルテンプレートは下記の4つの情報に分かれています。

  1. 工事に関する基本情報
  2. 売上に関する情報
  3. 原価に関する情報
  4. 売上推移表

工事に関する基本情報の入力

工事で使用する基本情報を入力します。
入力可能な項目は以下の通りです。

  • 契約番号
  • 担当者
  • 工事名
  • 工事内容
  • 発生日、契約日、工期
  • 進捗
  • 発生源
  • 見込ランク
  • 顧客情報(名前、住所など)

売上に関する情報

入金予定の金額から、実際に入金があった情報、また請求日などを入力できます。
具体的に入力可能な項目は以下の通りです。

  • 項目
  • 請求日
  • 請求金額
  • 入金日
  • 入金金額
  • 手数料

原価に関する情報

工事にかかる原価の情報を記載します。
原価情報は、予算段階である「実行予算情報」と実際にかかった原価である「原価情報」に分けて記載できます。
また科目別のテンプレート利用することで、工事原価の4つの要素「材料費・労務費・外注費・経費」に分けて入力することができます。

具体的に入力可能な項目は以下の通りです。

  • 取引業者名
  • 材料費
  • 労務費
  • 外注費
  • 経費
  • 請求日
  • 支払日
  • 備考

※赤文字の項目は、科目ありをダウンロードいただくと使用できます。

売上推移表

「受注金額・受注原価」「売上に関する情報」「原価に関する情報」を入力することで、粗利粗利率や粗利率、売上の推移を確認することができます。
売上推移表は、契約時・予算時、そして案件の最終的な利益を段階的に確認することができるため、工事から得た利益や工事にかかった原価を正確に把握・分析することができます。

エクセル工事台帳を使う際のポイント

工事台帳は作成が非常に難しい書類の一つですが、エクセルテンプレートを使用することで、比較的簡単に作成できます。しかし、エクセルテンプレートを使用する際には注意が必要です。
ここでは、工事台帳テンプレートを使用する際のポイントをご紹介します。

自社用にカスタマイズする

工事台帳は、各工事の利益率や収益を正確に把握する為に作成します。
しかし、どの段階の利益を確認したいか、どの項目を記録しておきたいか等、その方法は会社によって様々です。
テンプレートは、誰でも使いやすいよう設計されているため、自社に合わない場合もあります。

その為、使用する前にまずは自社でカスタマイズを行い、自社専用の工事台帳テンプレートに変更してから使用するようにしましょう。

属人化に注意する

エクセルで作成・管理を行う場合、関数やマクロを使用することで便利に工事台帳を作成することができます。
しかしそれにはエクセルに関する知識が必要となり、エクセルテンプレートの仕様によっては、マクロや関数の扱いに慣れている人だけが編集を行うことができる状態、いわゆる「属人化」を引き起こす可能性があります。

エクセルテンプレートを使用する際は、テンプレートの使用方法を事前に確認し、マニュアル作成や管理者を設定しておくなど、属人化防止の対策を講じておきましょう。

税率・端数処理に注意する

消費税率は、近年10%まで引き上げられましたが、古いテンプレートを使用する場合、税率が8%のままになっている場合があります。
使用する工事台帳テンプレートが、正しい税率で計算されているか確認しておくと良いでしょう。

また税計算で発生する端数の処理方法は、「切り上げ・切り捨て・四捨五入」があります。
顧客や取引先に提示している金額と誤差が生じないよう、社内で利用している端数処理方法と一致しているか、事前に確認しておきましょう。

まとめ

工事台帳をエクセルテンプレートを使用する際は、事前にその仕様を確認し、税率や端数処理方法、入力項目など自社専用にカスタマイズをした上で使用しましょう。
エクセルテンプレートを事前に確認せずに使用してしまうことで、一からやり直さなければならないという事態が発生する可能性があります。

またエクセルに関する知識が少なく「確認してもよくわからない」「修正が難しい」という人は、システムの導入がおすすめです。
弊社が提供する『建築業向け管理システム アイピア』は、顧客情報や見積情報、原価情報などの工事に関する情報を事前に入力しておくことで、ワンクリックで工事台帳を作成することができます。
更にアイピアは、クラウドシステムであるため、外出先でも工事台帳の確認や修正、共有が可能です。

体験デモも行っておりますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」