おすすめの現場管理システム3選!導入前に確認すべきポイントを紹介

現場管理システムとは?導入前に確認すべきポイントを紹介

現場管理システムとは現場管理を効率的に行うことを目的に開発されたシステムです。
システムを利用することでリアルタイムでの工事進捗状況の伝達やペーパーレス化によるコスト削減など様々な効果が期待できます。

本記事では、現場管理システムの機能やメリット、導入前のポイントについて詳しく見ていきます。

現場管理システムとは

現場管理システムとはその名の通り、現場管理をより効率的に行うために開発されたシステムのことです。

現場管理ではスケジュール管理から人員の確保まで様々な情報を管理する必要があります。そこで役立つのが現場管理システムです。
現場管理システムを使用すると膨大な情報を一元で管理できるため担当者の負担の軽減が期待できます。

現場管理システムの主な4つの機能

現場管理システムには原価管理、工程管理、品質管理、安全管理の4つの機能がメインに搭載されています。ひとつずつ見ていきましょう。

原価管理とは

原価管理とは外注費や材料費などの工事を行う際にどれだけ原価がかかるかを管理することです。

原価管理を行うことで正しくコストを把握することができ、無駄なく利益につなげることができます
また利益率なども計算できるため、赤字にならないように原価の調整も可能になります。

工程管理とは

工程管理とは、決められた工期に間に合わせて工事を終わらせるためにスケジュール管理することです。
工程表をあらかじめ作成することでいつどのように人員や機械を配置すればいいのか明確にします。

工事現場では天候不順や近隣問題など想定外の出来事でスケジュールが乱れることはよくあります。
そのため、実際の工事現場の進捗状況と工程表を見比べて、できるだけ工期に間に合わせられるように工程表の組み換えをしなければなりません。

システムで工程管理をしていると作業ごとの動きも一元かつリアルタイムで把握できるため工期の遅れを防ぐことができます

品質管理とは

仕様書通りに工事が進められているかを確認するために品質管理は欠かせません。
工事の工程によって評価対象にあたるものがあるため、作業ごとに試験を行って品質に問題がないかを記録します。

また、工程に不備がないかを証明するために写真に収めて記録します。
完成系だけではなく、工事の工程を記録することは品質の証明となります

安全管理とは

工事を安全に進めるために工事関係者はもちろん、近隣への配慮も必要です。

小さなミスでも大きなミスにつながるため、従業員の安全を守るための教習や、注意喚起の看板、十分な休憩時間の確保なども重要となります。
大型トラックや重機も現場近くを行き来するため、住宅街では特に注意しましょう。

システム導入のメリット

建設業界では人手不足や長時間労働が問題になることがよくあります。
現場管理システムを導入することで作業効率が上がり、少ない人員でも幅広く情報を管理できるようになります。

現場管理システムの具体的な強みについて見ていきます。

情報の一元管理

エクセルや紙で管理をしていると、項目ごとに手入力でばらばらの情報を管理しなければなりません。
しかし、システムを使うことで異なる項目でも一元で管理できるようになります。

一元管理ができることで二重のデータ入力の必要がなくなり、データの漏れも防ぐことができます。

ヒューマンエラーの防止

現場管理システムを導入することによって人の手によるミスを減らすことができます。
いちから手入力で管理していた情報をシステムで管理できるようになれば漏れや打ち間違いの可能性が低くなります

また、膨大な量の情報を管理するためにはある程度の人員が必要です。
しかし、システムを使用することで人員の配置を情報管理以外に回すことができるため作業効率の向上にもつながります。

コスト削減

現場や作業ごとに進捗状況を伝えるために紙に出力して伝達する必要がありますが、システムによって紙を使わずとも一斉に進捗状況や伝達事項を回せるようになります。
ペーパーレス化によるコスト削減が期待できます。

また、パソコンやスマートフォンでも扱うことができるシステムであれば、事務所に戻らずとも現場で情報の打ち込みが可能です。
事務所と現場の往復の時間も削減でき、作業効率の向上につながります

現場管理システムを導入するにあたるポイント

現場管理システムを導入する前にいくつか準備をしておく必要があります。4つのポイントを紹介します。

現状の課題を見つける

システムを導入する前に現状の課題を見つけましょう。
課題によっては必要となるシステムの機能が異なります。

また、課題がはっきりしていなければシステムを導入する意味があやふやになってしまい、せっかく導入したにも関わらずうまく活用できない事態になりかねません。
必ず課題を見つけておきましょう。

必要な機能があるか

課題が明確になったら、次に課題をクリアするために必要な機能が何かを見つけます。
一般的に機能が多くなればなるほど費用が高くなるものです。

機能が多いといいシステムというわけではありません。
使わない機能があると逆に見にくく扱いづらくなってしまう危険性があります。
本当に必要な機能が何かを把握しておきましょう。

現場での使いやすさ

現場で様々な作業を管理しやすくするために現場管理システムの導入を検討します。
今までなかった作業が増えることは担当者の負担です。

機能性やデザイン性はもちろん重要ですが、実際にシステムを使用する現場の担当者の意見も考慮しつつ実用性の高いシステムを導入しましょう

運用できる環境を作る

現場管理システムを導入する前に運用できる環境を整えておくことが重要です。
現状の問題点を見つけた後に、システムを導入してからどのような取り組みを行うのかを明確にしておきましょう。

導入前の状態と導入後の効果を確認できるように記録しておく必要があります。
目的を定めておくと実際にシステムを運用するときにも運用がしやすくなります。
誰がいつどのデータを記入するのか、そして何にそのデータを利用するのかを決めておくとスムーズです。

おすすめの現場管理システム

おすすめの現場管理システムを3つ紹介します。
現場管理システムでもそれぞれ強みが異なります。自社のニーズに合ったシステムを見つけるために様々なシステムを見てみるといいかもしれません。

ANDPAD(アンドパッド)

クラウドで一元管理ができる施工管理アプリです。

案件ごとに情報を管理でき、最新情報をいつでもどこでも見ることができます。
最新の工程表を簡単に更新でき、漏れなく担当者へお知らせすることも可能です。

  • 場所を問わず使える
    クラウド上で管理されているため、案件にまつわるすべての最新情報をいつでもどこでも閲覧することができます。
  • 手間・漏れをなくしてお知らせ
    工程変更を手間なく簡単に更新することが可能です。工程ごとに担当者を設定しておくと自動で連絡が行くため連絡漏れがなくなります。
  • リアルタイムで情報伝達
    案件ごとのメンバーでチャットルームが立つ上がるため、個々のやり取りを省略することができます。
  • 写真もクラウド上で管理
    スマホで写真を撮影してそのままクラウド上で管理することができるため写真台帳の作成も簡単です。
環境 クラウド型
初期導入費用 100,000円
導入サポート研修:100,000円/1回
費用 ライト:36,000円/月(60 ID)
ベーシック:60,000円/月 (100 ID)
ビジネス:120,000円/月 (200 ID)

e2-movE(イー・ツゥー・ムーヴ)

建設・工事業向けのERPパッケージです。

「販売管理」「工事原価管理」「建設会計」を軸に様々なサブシステムをパッケージ化されています。
ユーザーに合わせたカスタマイズが可能です。

  • ワンストップで提供
    工事登録内容をもとに、実行予算管理から支払管理までワンストップで提供します。
  • 他社システムとの連携
    既に導入されているシステムと組み合わせることで、導入コストの削減や作業効率化が図れます。
  • 工事予算管理表で一目瞭然
    工事進捗や工事原価などの情報を簡単に把握でき、原価管理の効率化が期待できます。
環境 クラウド型
初期導入費用 要お問い合わせ
費用 要お問い合わせ

ダンドリワーク

現場写真や図面・仕様書など様々な現場の情報を一元管理します。
リアルタイムで資料や工程表を共有でき、建築現場の業務改善と生産性向上が期待できます。

  • 直観的に使えるデザイン
    誰でも直観的に使い始められる画面デザインのため、ITが苦手であっても抵抗なく使うことができます。
  • 複数の元請会社の情報を管理
    1つのログインID・パスワードで異なる元請け会社の情報を確認することができます。
  • 1人1IDのエンドユーザー
    元請会社や協力会社であっても1人ずつ個別のアカウントを付与するため、現場全体での運用を円滑に進めることができます。
環境 クラウド型
初期導入費用 10万円~
費用 19,800円~/月

現場管理の効率化なら『建築業向け管理システム アイピア』

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

まとめ

現場管理システムによって搭載されている機能や強みも異なります。
自社の課題をクリアできる機能が搭載されているシステムを見つけましょう。

導入前に無料体験ができるシステムも多いので、ぜひ検討してみてください。


執筆者情報

関連記事

  1. 作業日報とは?書き方やポイントを徹底解説

    【建築業向け】作業日報とは?書き方やポイントを徹底解説

  2. リフォーム業界で役立つ資格5選!資格の概要や試験方式をまとめました

    リフォーム業界で役立つ資格5選!資格の概要や試験方式をまとめました

  3. 【建築業】リフォーム工事の見積書の書き方を徹底解説!

    【建築業】リフォーム工事の見積書の書き方を徹底解説!

  4. 積算業務とは?必要となるスキルや資格について一挙公開

    積算とは?必要となるスキルや資格について一挙公開

  5. 【2022年】アスベスト法とは?改正内容について徹底解説!

    【2022年】アスベスト法とは?改正内容について徹底解説!

  6. リフォーム施工管理の仕事とは?資格や仕事内容を紹介

    リフォーム施工管理の仕事とは?資格や仕事内容を紹介