見積ソフトおすすめ10選!選び方からメリットまでご紹介

見積ソフトおすすめ10選!選び方からメリットまでご紹介

近年、建築業界において見積書を作成する際に見積ソフトを使用する企業は増加しています。

多岐にわたる業務のなかで、見積書の作成に時間を割かれてしまうことは多いですよね。
少しでも作業時間を短縮させ、業務改善を実現するためにも見積ソフトの導入を考えている企業は多いのではないでしょうか。

この記事では数ある建築業向けの見積ソフトのなかから、おすすめを10選ご紹介しています。
選び方や導入のメリットも併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

見積ソフトの選び方

一口に見積ソフトと言ってもその種類は豊富です。

実際に見積ソフトを導入する際にどのように選べば良いのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

必要な機能を備えているか、価格は適当かなど考慮しそれぞれ比較しながら、自社に最適な見積ソフトを選ぶ必要があります。

インストール型とクラウド型

見積ソフトは提供形態に応じて「インストール型」「クラウド型」の2つに大きく分けることができます。

CASE01

インストール型

インストール型の見積ソフトは端末にインストールして使用します。

インストール型見積ソフトの特徴

  • 処理速度が通信状態に影響されないため安定している
  • 買い切りなのでランニングコストが安い
  • 膨大なデータ量(多階層の見積)でも快適に操作できる

ただしパソコンに作成した見積データが保存されるため、情報共有が難しくなるというデメリットがあります。

CASE02

クラウド型

クラウド型の見積ソフトはインターネットを介して利用するものです。

クラウド型見積ソフトの特徴

  • 端末に限定されず外出先で操作でき、コンビニなどでの印刷が可能
  • 情報共有がスムーズにできる
  • データの破損・紛失のリスクの削減

インストール型とは違い月額費用がかかるため、導入の際はその点を考慮する必要があります。

既存のシステムと連携できるか

既存のシステムと連携できるかというポイントも考慮すべき点です。

既に他の会計ソフトを導入している場合は、見積ソフトと連携ができるかデータの移行は可能なのか確認しておきましょう。

必要な機能を備えているか

導入したい見積ソフトに必要な機能が備わっているか、という点も重要です。

例えば、建築・建設業で見積ソフトを導入するならば、階層機能を備えたものが望ましいです。

もし階層機能の無い見積ソフトを選んでしまった場合は、買い替えすることもあるので、最初から階層機能の備わったソフトを選ぶと良いでしょう。

また何段階の階層にまで対応しているのかも、選ぶ際に注目するポイントです。

建築・建設業の見積書作成なら『建築業向け管理システム アイピア』

ここでは、弊社が提供している建築業向け「業務管理システム アイピア」についてご説明します。

「アイピア」は業務管理システムですが、他の見積ソフトと比較しても、簡単に見積書の作成ができるシステムです。

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

環境クラウド型
価格初期費用120,000~、月額10,000円~
体験版無料体験版あり

アイピアの機能

見積書作成にあたってアイピアで出来ることには、多階層見積の作成や過去の見積の取込など様々です。
ここではその一部をご紹介します。

POINT01

多階層見積の作成

アイピアの見積は5階層まで対応しているので、小規模の工事から大規模な工事まで様々な見積の作成ができます。

誰でもストレスフリーに操作できるよう、画面のレイアウトが工夫されているので簡単に、誰でも見やすい見積書の作成が可能です。

POINT02

過去の見積の取込

過去に作成した見積書のデータを検索し、新しい見積に取り込むことができます。

過去のデータを使用することによって、スピーディーな見積書の作成が可能です。
入力ミスや入力漏れもなくなるので、業務の効率化を図ることができます。

Excelで作成した見積書をコピー&ペーストでアイピアに登録することも可能です。

POINT03

粗利の確保

見積作成の段階から粗利を確認することができます。
これにより、見積金額が原価金額に対して適正か判断することが可能です。

また原単価に希望粗利率を乗せた見積の計算もできます。

粗利を確認しながら見積作成を行えることにより、粗利をしっかり確保することができます。

おすすめ見積ソフト10選

「業務管理システム アイピア」をご紹介してきましたが、ここではその他のおすすめの見積ソフトをご紹介します。

価格帯や無料体験版の有無、それぞれのソフトの特徴など、ぜひこれからソフトを導入する際の参考にしてください。

建築みつも郎17(KOBEC)

「建築積算みつも郎17」は建築積算見積ソフトです。

原価管理機能や簡単にできる金額調整機能など建築業における見積作成に欠かせない機能が備わっています。

さらに新機能として、粗利率から金額調整できる機能や、工事コメント機能が搭載されており、高い操作性が実現できます。

特 徴

  • 6段階階層に対応
  • 押印機能
  • 粗利率からの金額調整機能
環境インストール型
価格80,000円(税抜)
体験版問い合わせ

MtWin(イチホコンピュータ)

「MitWin」は複雑な建設工事の見積書を、わかりやすい画面や簡単な操作で作成することができるソフトウェアです。

大きな特徴は、実行予算・基準見積・提出見積の3種類の単価を有していることです。

作業中、常に定価に戻ることができるので、何回でも調整や検討を重ねることができます。

特 徴

  • 実行予算・基準見積(定価)・提出見積の3単価構成
  • 見積金額調整機能
  • 7階層までサポート
環境インストール型
価格年間ライセンス16,500円、USBパッケージ63,800円、ワンインストールライセンス59,400円
体験版フリー版あり

みつもりLIGHT(ビートンソリューション)

「みつもりLIGHT」は建築会社・建設会社・工務店向けの見積書作成アプリケーションです。

大きな特徴として操作性、機能性、カスタマイズ性の3点があります。

Excelの感覚で操作できる操作性の良さや、高い編集機能、見積書以外の様々な印刷物の作成・印刷が可能な柔軟さがポイントです。

特 徴

  • Excel感覚で使える操作性
  • 多様なパターンの帳票が作成できる機能性
  • 見積書以外の必要書類の作成・印刷や画面の修正が可能なカスタマイズ性
環境インストール型
価格通常価格132,000円~
体験版あり(みつもりLIGHT Jr.)

見積WING(アーキウィング)

「見積WING」は建築・設備・土木などの建設業全般に対応した、営業支援・見積・予算作成パッケージソフトです。

機能の特徴として検索・計算式などの呼び出し操作や商談履歴の保存など、見積書作成だけなく、顧客管理の機能も搭載しています。

特 徴

  • Excel検索・計算式・小計などの呼び出し操作
  • 顧客管理としての機能も充実
  • 本社から営業所、現場事務所まで会社全体で情報共有ができる
環境インストール型
価格問い合わせ
体験版問い合わせ

使える建築見積(日立システムズ)

「使える建築見積」は建築業向けの見積作成ソフトで、簡単な操作で実行予算の作成もできます。

部材などの明細が無い場合はその都度入力・登録できるので、使うほどに自社のデータが溜まり使いやすくなります。

使用するには同社の提供する中小企業向けクラウドサービスに契約する必要があるので、留意しておきましょう。

特 徴

  • 単価一括修正により、簡単な見積金額の変更が可能
  • 5階層まで対応
  • 実行予算の作成により、利益を把握しながらの交渉ができる
環境クラウド型
価格1ユーザー月額5,000円 別途クラウドサービス費用、初期設定費用が発生
体験版問い合わせ

Kensuke Neo(アドバン)

「Kensuke Neo」は導入社数1000社以上を誇る建築見積作成システムです。

同社の仕上積算ソフトと連動すれば、積算結果を即座に転送することが可能なので、積算から見積まで二度手間なく行うことができます。

ネットワーク対応なので、1つの見積ファイルを各担当者がそれぞれ入力することも可能です。
これにより1人だけに負担が集中することを防ぎ、作業効率の向上が期待できます。

特 徴

  • 仕上積算ソフトとの連動が可能
  • Excelのような操作感で簡単見積作成
  • ネットワーク対応により見積作成の分業が可能に
環境インストール型
価格問い合わせ
体験版問い合わせ

みつもり主任(建築資料研究社)

「みつもり主任」は導入累計2万社を突破する、クラウド型の見積ソフトです。

全国の拠点で見積データを共有できるため、事務所や現場でいつでも見積を作成することができます。

見積書を自由に作成できる機能も充実しています。
例えば、端数処理設定や単価マスター更新機能、歩掛行作成機能など、見積作成のための機能が多数搭載されています。

特 徴

  • 高度な見積作成機能
  • クラウドによりいつでも、どこでも作業ができる
  • ソフト連携によりさらなる業務効率化が可能
環境クラウド型
価格問い合わせ
体験版あり

やよいの見積・納品・請求書22(弥生)

「やよい」は、業務ソフト部門23年連続売上実績No.1の見積・納品・請求書作成ソフトです。

テンプレートを選択し、文字入力するだけで簡単に帳票を作成できる点や、様々な業種に合ったオリジナルの帳票を作成できる点など、「やよい」では簡単に、自由に見積書が作成できます。

万が一に備えてバックアップデータを「弥生ドライブ」で保管することができるので、リスク回避に効果的です。

サポートプランも充実しているので、初めて見積ソフトを利用する方も安心して導入することができます。

特 徴

  • 簡単でシンプルな手順での見積書の作成
  • 適格請求書等保存方式(インボイス制度)に対応
  • 充実の「あんしん保守サポート」
環境インストール型
価格5,000円~(年間契約)
体験版あり(30日間無料)

Misoca(弥生)

「Misoca」は先ほどの「やよい」と同じく弥生株式会社が提供する、クラウド見積・納品・請求書サービスです。

「Misoca」の特徴は3ステップ、1分で見積書が作成できる手軽さにあります。

無料プランや、今なら初年度無償キャンペーンもあるので(2022年4月現在)、気軽に導入することができるのも魅力的です。

特 徴

  • 3ステップ、1分での簡単な見積書の作成
  • 見積から入金までの業務ステータスの管理
  • 他の会計ソフトとのデータ連携が可能
環境クラウド型
価格年額8,000円~(月間請求書作成数15枚まで)
体験版月間請求書作成数5通までは無料プランあり

ツカエル見積・納品・請求書オンライン(ジョブカン会計)

「ツカエル見積・納品・請求書オンライン」は、クラウド型の見積・納品・請求・領収書作成ソフトです。

紙の帳票に書き込むかのようなシンプルで直感的な入力方法、出先や自宅からでも可能なアクセス、マルチデバイス対応など、誰もが使いやすい点が特徴です。

アプリ画面から帳票をそのまま送信でき、さらに送信先の相手が閲覧したかの確認ができるため、取引先とのスムーズなやり取りも可能です。

特 徴

  • 紙に書き込むようなシンプルな操作画面
  • 細やかなニーズに応えるカスタマイズ機能
  • 手軽な価格設定のため導入のハードルが低い
環境クラウド型
価格月額550円~(年間契約で5,500円~)
体験版Proプランのみ30日間無料トライアルあり

建築業における見積ソフト導入の必要性

ご紹介したように、現在多くの見積ソフトが販売されており、導入する会社は増加しています。

以下では、なぜ建築・建設業において見積ソフトの導入が必要とされているのか、その要因を3点述べていきます。

見積の算出が難しい

建設工事では一般に流通している材料をあまり使わないことや、材料を制作する会社それぞれに見積が必要なため工事全体の見積もそれに伴い変動することから、見積の算出は難しい傾向にあります。

見積ソフトを使用すれば簡単に見積書の作成や編集をすることができます。

素早い作業が求められる

お客様と工事業者の間で仕事をする建築・建設業では、工事を日程通り、そして金額通りに行う必要があります。
こちらの業務が滞ってしまえば、工事全体の日程に影響を与えかねません。

円滑な業務の遂行のためにも、作業の効率化は必須であると言えます。

分かりやすい見積書が必要

工事の規模によっては、材料の記載だけで見積書のページ数を多く占める場合があります。
さらに、工事が複数ある場合には見積書の内容も複雑になってきます。

お客様との信頼関係を築くうえでも、見積書は見やすく、分かりやすい方が良いですよね。
こうした点においても、見積ソフトが有効です。

例えば多階層見積の作成に対応しているものであれば、工事の種類をカテゴリーごとに記載できるので、見やすい見積の作成が可能です。

導入のメリット

なぜ建築業において見積ソフトが必要とされるのかお伝えしましたが、ここでは見積ソフト導入により得られる具体的なメリットをご紹介します。

業務の効率化や、経費の削減などが挙げられますが、他のメリットも含めて、以下で詳しくご紹介していきます。

業務の効率化

Excelを用いて見積書を作成する企業が多いですが、時間がかかることに加えて、入力ミスや入力漏れも考えられます。

見積ソフトでは、必要項目に入力するだけで自動的に見積作成することができ、簡単です。

その上、エクセルでの作成と比較して、記入間違えのリスクも減ります。

見積書の作成時間の大幅な短縮になるため、業務の効率化が期待できます。

経費削減

見積書の作成や保管をパソコンやインターネット上で行うことにより、ペーパーレス化を図ることができます。
これにより、紙媒体の時にかかっていた印刷代などを削減することが可能です。

また、見積作成の作業が簡略化されることによって、人件費の削減も狙えます。

リスク削減

見積ソフトの導入によって、様々なリスクの削減が期待できる点もメリットのひとつです。

例えばExcelを用いた見積書の作成では、データが破損してしまうというリスクが考えられます。
クラウド型の見積ソフトであれば、社内で簡単に情報の共有をすることが可能になるため、仮に誤ってデータを削除してしまったとしても、完全にデータが消えてしまうことはありません。

まとめ

どうしても見積書が複雑になってしまう建築業では、見積ソフトの導入によって得られるメリットはたくさんあります。

建築・建設業向けの見積ソフトには多種多様なものがありますが、提供形態や価格、細かな機能などのポイントを踏まえて比較すれば、自社に最適なソフトを選ぶことができます。

これから効率よく快適に業務を行うためにも、ぜひ見積ソフトの導入を検討してみてください。


執筆者情報

関連記事

  1. 建設業で知っておきたい!意外と知らない領収書の取り扱い方

    建設業で知っておきたい!意外と知らない領収書の取り扱い方

  2. ガントチャートとバーチャートの違いとは?メリットや作成ポイントを紹介

    ガントチャートとバーチャートの違いとは?メリットや作成ポイントを紹介

  3. 工事管理とは?工事監理との違いや方法まで詳しく解説

    工事管理とは?工事監理との違いや方法まで詳しく解説

  4. 発注請書とは?役割から書き方まで詳しく紹介します

    発注請書とは?役割から書き方まで詳しく紹介します

  5. 【建築業向け】工事完了報告書とは?書き方や注意点を詳しく解説

    【建築業向け】工事完了報告書とは?書き方や注意点を詳しく解説

  6. 送付状は必要?書き方から送り方まで解説

    送付状は必要?書き方から送り方まで解説

×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」