受注管理とは?建設業向けおすすめのシステムも紹介

受注管理とは?建設業向けおすすめのシステムも紹介

受注管理は、現場管理の業務のうちで重要な業務の一つです。
注文を受けてから出荷す るまでの在庫管理や発注などの様々な工程が含まれます。

本記事では、受注管理の業務内容や受注管理システムについて紹介していきます。

受注管理とは

受注管理とは発注者から注文を受けて出荷するまでの作業のことを言います。
以前は注文内容の確認などが主な業務内容でしたが、現在では仕入れや在庫管理だけでなく、見積もりや契約締結、出荷管理まで様々な作業が受注管理に含まれることが多くなりました。

受注管理の業務内容

様々な作業が必要となる受注管理ですが、業務内容は大きく分けて次の5つに分けられます。

  • 見積作成
  • 契約締結
  • 注文内容登録
  • 在庫確認、納期確認
  • 注文請書の作成

受注管理の重要性

受注管理は取引の最初の段階であり、その後の様々な業務に関連する大変重要な業務です。

注文内容を見て材料の仕入れを行い、製造の指示を行います。受注管理でミスがあれば後の業務に支障をきたすことになります。
そのため、ミスがないように正確な情報を伝達していく必要があります。

受注管理システムの必要性

受注管理システムとは受注管理のフローを自動化するシステムです。
受注管理システムを使用することによって、膨大な量の情報を一から入力する手間をはぶくことができ、ミス防止につながります。

また、受注管理にかかる時間が減ることで、人手を他の業務に回すことができ、人件費などのコスト削減も期待できます。
さらに、発注状況や取引先との連絡内容をすぐに確認できるため、社内での情報共有もスムーズになるでしょう。

受注管理システムのメリット

受注管理システムにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ミスの防止

受注管理は作業内容が多いため、その分ミスも多くなります。
人の手で管理をしていると、個数や金額などを打ち込む際に入力ミスをしてしまう可能性があります。

一元管理が可能なシステムを利用すると、入力作業を大幅に減らすことができるため、人為的なミスを防止することができます。

コスト削減

受注管理を取り入れることで、長期的なコスト削減が期待できます。
作業人数の削減と作業時間の短縮による人件費の削減が見込めます。

また、他の作業に人員を回すことができるため、作業効率の改善も図ることができるでしょう。
紙でのやり取りからシステムでの管理に変わることで、ペーパーレス化が可能になることも大きなメリットと言えます。
システム上で記録が残るため紛失の恐れや漏れなどのトラブルにも対応できるようになります。

受注管理システムの選び方

受注管理システムを選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

使いやすさ

受注を専門としたシステムや、受注から出荷、在庫管理など様々な作業を一元管理できるシステムなど受注管理システムと言ってもたくさんの種類があります。

機能が多ければ多いというわけではなく、自社にあったシステムを選ぶ必要があります。シンプルで見やすく、操作しやすいシステムを選ぶことが重要です。
現場の人の意見を取り入れて、必要としている機能は何かを選択し、システムを検討していきましょう。

他のシステムとの連携

受注管理システムを選ぶうえで他のシステムと連携できるかどうかは重要なポイントです。
自社で以前から使用しているシステムや、在庫管理システム、決済システムなどと連携ができると導入がスムーズです。

サポート体制

受注管理システムの提供会社によってサポート体制は様々です。
機能が多く複雑なシステムであれば便利な反面、使いこなすまでに時間がかかります。

社内でシステムを浸透させるためにも、サポート体制が万全であると安心です。
システムを導入する前の無料体験や導入後の説明、システムメンテナンスなどどのようなサポートがされているか直接確認してみるといいかもしれません。

システム費用

システムの導入で最初に気になるのが利用料金です。
買い切りなのか月額費用なのか、初期費用はかかるのかなど料金制度もシステムによって異なります。
今後使い続けることを考えてコストパフォーマンスが優れたシステムを選びましょう。

受注管理システムおすすめ6選

システムによって強みや利用できる機能、料金制度も異なってきます。
比較しながら自社にあったシステムを選んでみてください。

建設業向け受注管理システム3選

建設業の受注管理では高額な取引が多く、注文を受けてから材料の発注や人員の確保などに正確さが求められます。
建設業向けの受注管理システムを3つ紹介していきます。

ANDPAD(アンドパッド)

ANDPADは現場の効率化から経営改善まで一元管理することができる建築・建設用のクラウド型サービスです。

帳票の作成、データの入力、押印、郵送、FAX送信、受領後の帳票のファイリングなど受発注に関わる業務をクラウド上で完結できます。
受発注業務以外にも、施工管理や図面管理など様々な業務にも対応していることがポイントです。

価格 初期費用+月額費用+オプション費用
詳細はお問い合わせください。
体験版 詳細はお問い合わせください。

Aladdin Office(アラジンオフィス)

アラジンオフィスは様々な業種に対応している販売管理・在庫管理・生産管理システムです。

業種ごとにパッケージがあり、カスタマイズも可能なので自社にあったシステムにしていくことができます。
内装工事業向け販売・在庫・工事管理システムの導入事例も紹介されているため、建設業での使用にイメージしやすいのも特徴です。

価格 詳細はお問い合わせください。
体験版 詳細はお問い合わせください。

ダンドリワーク

ダンドリワークは建設業向けの施工管理アプリです。
施工現場に必要な情報や図面などをクラウド上で一元管理できます。

発注・受注・検収・請求などの受発注業務を管理でき、業務改善の推進とペーパーレス化が可能になります。
画面は直感的に使用できるデザインのためどの年代の方でも使い始めや酸いのが特徴です。

価格 初期費用:200,000円~
月額利用料:19,800円~
体験版 無料体験あり

一般向け受注管理システム3選

建設業だけでなく幅広い業種に向けた受注管理システムを3つ紹介していきます。

GoQSystem(ゴクーシステム)

GoQSystemは通販業務を効率化するクラウド型の一元管理システムです。

注文内容の確認やメール送信、商品の確認、出荷処理などを自動化することができます。
会社ごとに業務の流れを自由にカスタマイズできるため、発想漏れやミスの防止につながります。

価格 初期費用:30,000円~
月額利用料:15,000円~
体験版 無料体験あり

Robotシリーズ

Robotシリーズは商品管理システム、在庫管理システム、受注管理システムの3つのシステムから成るネットショップ一元管理システムです。

導入は1つからでも可能で、必要なシステムを選択することができます。
メールの一括送信や顧客管理リストの自動生成ができ、短銃作業の手間やミスを減らします。

価格 初期費用:無料~
月額利用料:3,000~
体験版 無料体験あり

TEMPOSTAR(テンポスター)

複数EC・ネットショップ運営を連携・自動化・効率化できるシステムです。
受発注情報を自動仕分けすることができるため、人の確認が必要な情報のみが選別され無駄な処理や対応漏れを防ぐことができます。

価格 初期費用:0円~
月額利用料:15,000~
体験版 無料体験あり

建築業向け管理システム アイピア

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

まとめ

受注管理について解説してきました。
受注管理は、注文を受けてから出荷までの工程が含まれる大変重要な業務です。
たくさんの情報を扱うため、人の手で作業を行うと、どうしても時間がかかってしまいミスも多くなります。
業務効率を上げるために受注管理システムを導入してみてはどうでしょうか。

執筆者情報

関連記事

  1. 見積書と請求書の違いを解説!それぞれの概要や記載項目もご紹介

    見積書と請求書の違いを解説!それぞれの概要や記載項目もご紹介

  2. 書類作成の基本!ビジネス書類の書き方やポイントを解説

    書類作成の基本!ビジネス書類の書き方やポイントを解説

  3. 受領書とは?書き方や注意点を解説します

    受領書とは?書き方や注意点を解説します

  4. 【2023年最新版】請求書アプリおすすめ5選!選び方は?

    【2023年最新版】請求書アプリおすすめ5選!選び方は?

  5. 【2023年最新】請求書受領サービスおすすめ15選!メリットや比較ポイントを解説

    【2023年最新】請求書受領サービスおすすめ15選!メリットや比較ポ…

  6. 電気工事の見積ソフトおすすめ6選!導入メリットや選び方を徹底解説!

    電気工事の見積ソフトおすすめ6選!導入メリットや選び方を徹底解説!