電気工事の見積ソフトおすすめ6選!導入メリットや選び方を徹底解説!

電気工事の見積ソフトおすすめ6選!導入メリットや選び方を徹底解説!

電気工事を請け負う際には、正確な見積もりを作成しておかなくてはなりません。
必要な材料や作業工程などをすべて把握したうえで計算を行うため、大変な手間がかかってしまいます。

見積作成の作業時間を短縮したいのであれば、専用のソフトを活用してみると良いでしょう。
本記事では、見積ソフトを導入するメリットや選び方のポイント、おすすめの製品などを紹介していきます。

電気工事における見積もりとは?

電気工事を適切な価格で受注するためには、事前の見積もりが必要です。

電気工事の設計書や指示書などをもとにしながら、必要な資材を選定し、原価を計算していきます。
そのほかに、施工の単価、作業スタッフの人件費なども計算しなくてはなりません。

電気工事では、一般には流通していないような特殊な資材を用いて工事を行います。
工程ごとに必要な資材が異なるうえ、歩掛や複合単価などといった独自の係数を用いるのが電気工事における見積もりの特徴です。

電気工事に見積ソフトを導入するメリット

電気工事に特化した見積ソフトを導入すれば、効率良く見積もりが作成できます。
ここでは、見積ソフトを導入するメリットを3つ紹介します。

正確な積算ができる

電卓やエクセルを用いて見積もりを作成すると、入力や計算ミス、材料の拾い忘れなどが発生しやすくなります。

見積ソフトを活用すれば、自動計算ができるため、うっかりミスを防ぐことが可能です。
正確な積算ができるうえに、スピーディーに作業を進められるのがメリットです。

電気工事業に合わせた書類作成

見積ソフトには、分電盤や系統図などのテンプレート、各電力会社に対応した申請書などが用意されています。
それらを活用すれば、一から書類を作る手間を省くことができます。

電気工事業に合わせた書類を簡単に作成できるのが見積ソフトのメリットです。
そのほかに、書式の統一できるというメリットもあります。

リスクの削減

紙で情報を管理する場合には、書類の紛失リスクが伴います。
社外に持ち出して紛失した場合には、重要な情報が漏洩してしまうかもしれません。

見積ソフトを導入すれば、さまざまなデータをパソコン上で管理できるため、紛失のリスクが回避できます。
クラウド型の見積ソフトを導入しておけば、オフィスのパソコンが破損した場合でも、ほかのパソコンを使って見積もりの作成が可能です。

おすすめ電気工事向け見積ソフト6選

ここからは、電気工事におすすめの見積ソフトを紹介していきます。

各製品によって、利用できる機能、料金システム、サポート体制などが異なっています。
よく比較検討したうえで、最適な見積ソフトを選んでみてください。

アイピア

アイピアは、株式会社アイピアが提供している建築業向けの管理システムです。
見積もりの作成のほかに、工程や設備管理、現場日報管理、帳票作成などさまざまな業務をクラウド上で一元管理できます。

エクセルに近い操作性となっていますので、初めての方でも戸惑うことなく、使いこなせるでしょう。

特徴

  • 過去の見積もりの取り込みや検索、エクセルデータのコピー&ペーストでの登録ができる
  • 有償で自社専用のデザインに対応したオリジナル帳票作成も可能
  • 新しい機能や入力項目の追加など、自社の業務に合わせたカスタマイズに対応
  • パソコンのほかにスマートフォンからも利用できる
環境 クラウド型
価格 ・ライト:初期導入費用 120,000円、最低月額利用料金 10,000円
・ベーシック:初期導入費用 420,000円、最低月額利用料金 20,000円
・プロフェッショナル:初期導入費用 510,000円、最低月額利用料金 30,000円
体験版 無料体験デモあり

JS楽打

JS楽打は、株式会社ナチュラルアップが提供している電気工事向けの自動見積ソフトです。
電気図面作成CADの機能も搭載しており、見積書作成のほかに、電気図面作成ツールとしても利用できます。

電気工事会社の視点で開発されたソフトなので、機能面が充実しており、操作性にも優れています。

特徴

  • コンセント、スイッチ、火災警報、電灯照明などの電気シンボル、電力会社の申請書類などを標準装備
  • シンボル自動壁付け、重なった配線の自動切断など多彩な自動機能
  • インストラクター訪問、専任オペレーターによる電話や遠隔サポートが用意されている
  • AUTOCADデータ、JWCADデータ、PDFデータの読み込みができる
環境 インストール型
価格 お問い合わせ
体験版 サンプルデモCDの無料プレゼントあり

でんきやさんV5

でんきやさんV5は、 株式会社ビジネス・ワンが提供している電気工事積算システムです。
エクセルのような感覚で簡単に操作でき、マウス操作で見積もりの作成が可能です。

特徴

  • 11,000件以上の電気工事用材料マスタを標準搭載
  • 図面の分割取り込みが可能な拾い出し機能
  • 自社の業務に合わせてオリジナルマスタが作成できる
  • リモートメンテナンスやリモートデモンストレーションなどのサポート体制
環境 インストール型
価格 13,200円~(月額版)
体験版 ダウンロード可能な体験版あり

plusCAD電気α

plusCAD電気αは、株式会社プラスバイプラスが提供している電気設備CAD専用ソフトです。
図面と見積もりの作成が連動できるため、効率良く作業を進めていくことが可能です。

シンプルな操作性となっており、マウス操作のみで作業が完結できます。

特徴

  • PDF形式、JWCAD、AUTOCAD、DXFファイルなど、さまざまなデータの取り込みや書き込みが可能
  • 施工要領図、全国の電力会社申請書フォームなどの各種データを標準装備
  • ワンクリックで図面から見積書へ移動できる
  • 訪問、電話、通信、LINEの4つのサポートが無料で利用できる
環境 インストール型
価格 お問い合わせ
体験版 お問い合わせ

みつもりランド

みつもりランドは、株式会社エヌアイエスが提供している設備工事業積算システムです。
電気のほかに、管工事、給排水衛生、空調設備、建築、設備工事などに対応しています。

特徴

  • 共通仮設費、現場管理費、一般管理費などの自動算出機能を搭載
  • 複合単価をベースとした材料単価の逆算処理が可能
  • ユーザーのレベルに合わせた3種類の処理メニュー
  • 別売りで豊富な積算用材料データが用意されている
環境 インストール型
価格 98,000円~
体験版 お問い合わせ

積算らいでん(電気工事業版)

積算らいでん(電気工事業版)は、株式会社シーエスエーが提供している電気工事業版の積算システムです。
電気工事や機械設備工事に最適な機能を搭載しています。

特徴

  • 前原価と見積額のシミュレーションが可能
  • 盤、プルボックス、照明器具、配線器具などの歩掛り計算機能を搭載
  • オペレーションサポートやリモートサポートが用意されている
  • プレビュー、電子データ出力、帳票フォーマット保守などの印刷出力処理機能搭載
環境 インストール型、クラウド型
価格 980,000円~
体験版 リモートデモあり

電気工事の見積ソフトを選ぶポイント

最後に、電気工事の見積ソフトを選ぶうえで、必ず押さえておきたいポイントを紹介します。

導入目的と合致したソフトか

電気工事の見積ソフトを選ぶ前に、導入の目的を確認しておきましょう。
見積ソフトには、さまざまな機能が搭載されています。
目的に合わない機能が搭載された製品を選んでしまうと、コストが無駄になってしまうかもしれません。

どのような作業を効率化したいのかをよく考えたうえで、その目的に合った見積ソフトを選んでみてください。

ほかのシステムとの連携

見積ソフトによって、連携可能なシステムが異なります。
製品仕様書やお試し版などをチェックして、ほかのシステムとスムーズに連携できるかかどうかを調べておきましょう。

ソフトの提供形態

見積ソフトの提供形態は、インストール型やクラウド型などがあります。

インストール型は、自社のパソコンに専用のソフトをインストールしてから使用します。
インターネット環境がなくても利用できるため、通信状態によって処理スピードが遅くなるリスクがありません。
カスタマイズがしやすい、多階層の見積もりに対応できるといった利点もあります。

クラウド型は、インターネットを利用するシステムとなっており、専用ソフトのインストール不要ですぐに利用可能です。
インターネット環境が整っていればどこからでもアクセスできます。
そのため、スマートフォンやタブレット端末での利用のほかに、リモートワークやテレワークにも対応できるのがメリットです。

サポート体制の充実度

万一のトラブルに備えて、手厚いサポートが用意されている見積ソフトを選んでおくと安心です。
操作方法がわからなくなった場合や何かしらのトラブルが発生すると、業務に支障が出てしまうかもしれません。

そんな時にすぐにサポートへ連絡すれば、問題が早く解決します。
サポート方法は、メール、電話、リモート、訪問などがあります。

各社によってサポートの方法、範囲、料金などが異なりますので、事前によく確認しておきましょう。

まとめ

見積ソフトを使えば、電気工事の見積もり作成業務が効率化できます。
自動で計算できるため、正確な見積もりを作成できるのがメリットです。

電気工事に対応した見積ソフトは、各社からいろいろな製品が提供されています。
提供形態、ほかのシステムとの連携、サポート体制などをチェックしたうえで、導入目的に合致した製品を選ぶと良いでしょう。

本記事でご紹介した見積ソフトも参考にしながら、製品を選んでみてください。

執筆者情報

関連記事

  1. 個人事業主へのインボイス制度の影響とは?対応方法をご紹介

    個人事業主へのインボイス制度の影響とは?対応方法をご紹介

  2. リフォーム業界の課題とは? 今後の動向も解説

    リフォーム業界の課題とは? 今後の動向も解説

  3. 【建設業】発注内示書とは?記載項目や注意点を解説

    【建設業】発注内示書とは?記載項目や注意点を解説

  4. 請求書と納品書の違いとは?役割や記載項目から違いを解説

    請求書と納品書の違いとは?役割や記載項目から違いを解説

  5. 【建設業】建設業法とは?基本内容をわかりやすく解説!

    【建設業】建設業法とは?基本内容をわかりやすく解説!

  6. 原価計算とは?目的や計算方法を詳しく解説

    原価計算とは?目的や計算方法を詳しく解説