【リフォーム・工務店向け】顧客管理システムの選び方は?おすすめ5選

顧客管理システムの選び方は?リフォーム会社向け3選

業務を効率化するために顧客管理システムの導入を考えている方は多いのではないでしょうか。

リフォームや住宅建築を行う会社に向けた顧客管理システムも多くあります。
顧客管理システムを導入する目的や、システムを選ぶポイントについて解説していきます。

リフォーム会社の顧客管理なら『建築業向け管理システム アイピア』

顧客情報 顧客管理システム アイピア

アイピアはボタンの大きさ・配置・情報量などを工夫して、内容が一目でわかりやすく、現場担当者が使いやすいシステムになるよう設計しています。
初めてシステムを導入する方でもすぐに活用できます。

また、アイピアは新しいシステムに慣れる時間を減らせるよう、現場担当者が見慣れている「エクセルに近い操作感」を徹底しています。

アイピアの機能紹介

アイピアは建築業に特化した一元管理システムです。

顧客管理はもちろん、見積管理や原価管理など様々な機能が備わっています。
ここでは、アイピアの顧客管理機能の特徴2点とアイピアでできるその他の機能を一部ご紹介します。

顧客管理機能①

お客様とのやり取りが記録できる

顧客連絡 顧客管理システム アイピア

リフォームなど建築工事は、施工中から引渡しまでお客様から何度も問い合わせがあります。
担当営業に任せきりにしていては、対応漏れなどの不十分な対応になってしまう可能性があります。

アイピアならお客様からの連絡の詳細を記録できます。
もちろんクラウドシステムだから情報共有も可能。初めて対応するスタッフでもこれまでの流れを理解することが可能です。

顧客管理機能②

過去の情報もすぐ検索できる

顧客検索 顧客管理システム アイピア

お客様から問い合わせがあった場合や過去の情報を確認したい場合に、逐一パソコンのフォルダを漁るのは大変非効率です。

アイピアなら顧客の情報や契約になった時期、見積の内容などで検索することが可能です。
スマホから利用することもでき、欲しい情報をすぐ手に入れることができる為、対応スピードを大幅に上げることができます。

その他の機能①

使いやすく効率的な見積作成機能

見積情報 顧客管理システム アイピア

アイピアに備わっている便利な機能として1点目は、効率的で使いやすい見積作成機能です。
アイピアでのをすぐに活用していただくために、見積機能はエクセルに似た操作感を徹底しています。

例えば、見積明細を作成する際にEnterキーで次の項目に改行します。「わざわざマウスで項目を選びなおす」「他の情報を入力するためにページを切り替える」など管理システムにありがちな手間を排除しているのでスムーズに利用できます。

その他の機能②

見積作成・予算作成の段階から原価管理ができる

2点目は、原価管理機能です。
見積の明細を取り込んで、実行予算の段階で原価入力ができます。

実行予算の情報から発注書を作成することもできるので、見積⇒予算⇒発注と入力した内容を効率的に活用でき、二重入力などの手間を削減します。
もちろん顧客の情報とも連携している為、すべての情報を顧客と紐づけて管理できます。

CHECK!

まだまだ豊富な機能で御社の効率化をお手伝い!

ここでご紹介した機能の他にも、「業者請求管理」「入金管理」など建築業の仕事を1つのシステムで管理できる便利な機能がたくさんあります。詳しくはぜひホームページをご覧ください。

CRM(顧客関係管理)とは

CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、日本語で「顧客関係管理」という意味です。その名の通り顧客との良好な関係を築き管理します。

顧客の情報やニーズを基に、顧客ひとりひとりにあったアプローチをしていきます。
CRMは顧客関係管理という意味だけでなく、管理するためのツールやシステムを指す言葉でもあります。

顧客の情報をいちから管理し、ひとりひとり適切な対応をするには限度があるでしょう。そこでCRMを使用することで顧客との友好な関係性の構築を実現させることができます。

顧客との関係性を構築

顧客の情報を管理することで、購買傾向や興味関心をもとに顧客に寄り添った方法でアプローチをすることができます。
顧客満足度を高めることで、より長期的に取引を行っていく優良顧客へと成長させることができるようになります。

さらに、期限を守ることはもちろん、定期的に適切なアプローチを行うことで信頼度も高まっていきます。 その結果、顧客との良い関係性を築き、さらなる売上が期待できるでしょう。

建設業の顧客管理システム

顧客管理システムと言っても、建設業とそれ以外では必要な機能や性能が異なります。

工事履歴や納期が分かるシステムであるといいでしょう。施工業者ごとに連絡先や住所があるのはもちろん、どのような作業を行ったのかも把握できます。
納期のタイミングでリマインド機能があれば漏れもなくなります。

顧客管理システムのメリット

顧客管理システムは、顧客の情報を一元管理するために様々な機能を備えています。

顧客管理ができる

顧客の名前、住所などの個人情報、どのタイミングでどのようなものを購入したのかを記録した購買履歴を管理します。
さらに、顧客からの要求の内容や、電話での対応履歴など顧客に関する情報を一元管理することができます。

情報共有ができる

顧客ごとに担当者が個人で顧客の管理を行っていると、担当以外が対応するのが難しくなります。
担当がいない際に電話がかかってくると、以前の顧客との対応履歴を担当に確認する必要があるため電話対応ひとつをとっても大きな時間ロスとなります。

顧客の情報をシステムで共有していれば、その情報を見ることで誰でも顧客の対応をすることが可能です。

マーケティング戦略を立てられる

顧客の情報を基に適切なアプローチをすることができます。

顧客の購買履歴や、そのほかの過去のデータに基づいて顧客情報を分析することができます。
過去のデータの蓄積からも顧客のニーズに沿って適切なタイミングで適切な対応が可能になるでしょう。

顧客管理システムのデメリット

顧客管理システムを導入するにはデメリットも存在します。
あらかじめ知っておくことで備えることができるでしょう。

導入コストがかかる

顧客管理システムを導入するにあたりコストがかかります。

クラウドシステムやオンプレミスなど形態は様々ですが、初期費用や月額費用が必要となるものがほとんどです。
さらに、機能が増えたり性能がよくなるにつれて費用が高くなることが多いです。

慣れるまでに時間がかかる

顧客管理システムは導入するだけでは良さは十分に発揮されません。

新しくシステムを導入すると便利になる反面、システムを使えるようになるために研修期間が必要になります。

従来のシステムで使用していたデータを新しく導入したシステムの仕様に変えなければならないなど、システム運用にあたりいくつかの工程を踏まなければなりません。
導入してから定着させ活用していくことが重要となります。

すぐに結果が出るわけではない

顧客管理システムを導入してもすぐに結果として現れるわけではありません。
システムの導入目的を明確にして、導入前と導入後の比較を行っていくことが大切です。

顧客管理システムの選び方

顧客管理システムがたくさんあってどのシステムを選べばいいのかわからない!という方も多いと思います。
どのようなシステムが自社にあっているのか、選ぶポイントを踏まえておきましょう。

必要な機能があるか

どのような機能が必要かを上げておくといいでしょう。
そのためにはシステムを導入する目的をはっきりさせておくことが重要となります。

目的が明確であればそのゴールに向けてどのような施策をすればいいのかが分かるようになります。
様々な機能がパッケージでついてくるものが多いですが、単純にたくさんの機能がついているからといっていいシステムであるとは言えません。
本当に必要な機能は何かを把握しておきましょう。

使いやすいか

できるだけシンプルで、必要な機能が備わっているシステムを選ぶようにしましょう。
従来のシステムと似たような使い勝手でレベルアップしたものを選ぶのも一つの方法です。

例えば、昔ながらのシステムに使い慣れている方にとっては最新のデザインには抵抗があるかもしれません。
エクセルを使っている方にはエクセルに近い操作方法ができるシステムであると導入がスムーズになります。

デザインから使い勝手までシステムによって売りにしているポイントが異なるためいくつか比較してみるといいでしょう。

セキュリティは十分か

大切な顧客の情報を保管するためのシステムであるため、セキュリティは万全である必要があります。

しかし、セキュリティの質を見極めることは困難です。
不正アクセスに対してどのような対策をとっているかを確認しておきましょう。

サポート体制

導入する際の操作の説明や、システムエラーが起こった際のサポート体制が十分であるかを確認しましょう。

サポートの電話対応の時間帯や保証期間なども確認しておくと安心です。
口コミなどを参考にすると実際にシステムを利用している方による生の声を聞くことができます。

建築業に向いているか

建築業で顧客管理システムを使おうと考えている場合には、建築業に特化したシステムか建築業でもよく使われているシステムを導入するべきです。
システムのウェブサイトに行くと導入事例が掲載されているため、そこで建築業の事例があるか見ておきましょう。

顧客管理システムおすすめ5選

おすすめの顧客管理システムを5つ紹介します。
それぞれの特徴や費用なども参考にしてみてください。

建築業向け管理システム アイピア

アイピアは建設業・リフォーム向けの一元管理システムです。
顧客管理以外にも見積作成や原価管理など建設業に関係する様々な情報を管理することができます。

インボイス制度にも対応しており、各種書類の作成もスムーズに行うことができます。
また、インターネット環境が整っていれば場所を選ばずにアクセスができるクラウド型のサービスです。

特徴

  • 問合から引渡しまで工事に関する情報を一括管理
  • 見積書や工程表などの必要な書類を簡単に作成できる
  • 工程や写真、書類の管理や共有が簡単・スピーディー
  • 現場の進捗状況をどこからでも確認できる
参考価格 ライト
初期費用:120,000
月額:10,000(5ユーザーまで)
ベーシック
初期費用:360,000
月額:20,000(5ユーザーまで)
プロフェッショナル
初期費用:450,000
月額:30,000(5ユーザーまで)
体験版 無料体験あり

Fullfree

Fullfree(フルフリー)は自社にあった顧客管理システムを自由自在に作成できるシステムです。
クラウド対応しているため、同時編集やデータベースの共有が可能です。

特徴

  • ダウンロード、カスタマイズ、クラウド共有がすべて無料
  • エクセルのような使いやすさ
  • 自社独自のカスタマイズ
参考価格 無料
体験版 デモ体験あり

建て役者

建て役者は建設業向けの総合管理システムです。
顧客の情報を商談からアフターフォローまで一元管理できます。

特徴

  • 経営方針に沿った柔軟なカスタマイズ
  • 強固なセキュリティ
  • 関連した情報の一括表示
参考価格 ライト
初期費用:30,000
月額:4,000~(5ライセンス~)
スタンダード
初期費用:350,000
月額:40,000~(5ライセンス~)
プレミアム
初期費用:580,000
月額:80,000~(5ライセンス~)
体験版 無料体験あり

Kintone

kintone(キントーン)は毎月500社以上が導入するクラウドサービスです。
時間と費用をかけずにすぐにシステムを構築することができます。

特徴

  • ドラッグ&ドロップでシステム変更
  • 様々なサンプルアプリ
  • プラグインや外部サービス連携
参考価格 ライトコース
初期費用:30,000
月額:780/1ユーザー
スタンダードコース
初期費用:350,000
月額:1,500/1ユーザー
体験版 無料体験あり

ZohoCRM

ZohoCRM(ゾーホー)は世界25万社で導入されるシステムです。
導入や利用にあたって安心の充実したサポートがあります。

特徴

  • 充実した導入支援サポート
  • 使い方の解説や初期設定の説明
  • 様々な他アプリとの連携
参考価格 スタンダード
月額:1,680/1ユーザー
プロフェッショナル
月額:2,760/1ユーザー
エンタープライズ
月額:4,800/1ユーザー
アルティメット
月額:6,240/1ユーザー
体験版 無料体験あり

まとめ

顧客管理システムについて詳しく見ていきました。
初期費用の有無やユーザー数、機能の種類などシステムによって様々です。

まずはいくつかのシステムを比較してみましょう。
無料でシステムを体験できるものも多いため、気になったシステムがあれば問い合わせてみるといいかもしれません。


執筆者情報

関連記事

  1. 粗利率とは?粗利率からわかることと注意点

    粗利率とは?粗利率からわかることと注意点

  2. 【建築業】作業日報アプリおすすめ3選!特徴や選び方まで解説

    【建築業】作業日報アプリおすすめ3選!特徴や選び方まで解説

  3. 実行予算作成ソフトとは?建築業向けおすすめシステム5選

    実行予算作成ソフトとは?建築業向けおすすめシステム5選

  4. インボイス制度で対応すべき領収書のルールとは?正しい書き方も解説

    インボイス制度で対応すべき領収書のルールとは?正しい書き方も解説

  5. 無料の設計ソフトCAD(キャド)とは?選び方やおすすめ6選を紹介

    無料の設計ソフトCAD(キャド)とは?選び方やおすすめ6選を紹介

  6. 見積書アプリおすすめ6選!導入するメリットや選び方を解説します

    見積書アプリおすすめ6選!導入するメリットや選び方を解説します

×
アイピアを導入するメリットが解る!もっと詳しい資料があります!建築業の営業・経理・経営管理者は必見!「詳しい資料をダウンロード」