工事管理システムとは?おすすめの工事管理システムやメリットを紹介

工事管理システムとは?おすすめの工事管理システムやメリットを紹介

工事管理システムとは、工事現場の進捗状況や作業工程の把握、情報共有等、工事の全体的なデータを管理できるシステムのことです。
この記事では、工事管理システムのおすすめやメリット、デメリットも紹介していきます。

工事管理システムとは

工事管理システムとは、工事現場の進捗状況や作業工程の把握、情報共有等、工事の全体的なデータを管理できるシステムのことです。
工事管理システムを導入することで、全体的なデータを一元管理することができ、業務の改善が期待されます。

導入のメリット・デメリット

工事管理システムを導入するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

工事管理システムを導入すれば、遠隔から工事全体の状況を管理することができ、効率化や業務改善に繋がります。

効率が良くなる

工事の作業を一元管理することで、作業の効率がアップします。
例えば、遠隔からリアルタイムで作業状況を確認することができ、現場に出向かなくても、迅速に確認することができます。
また、工事管理に必要な機能がそれぞれ揃っているため、情報を探すのが簡単で、従業員の負担も減らせます。

納期を守りやすくなる

リアルタイムで作業状況を知ることで、納期を守りやすくなります。
遅れているところがあれば、どうすれば良いか、またどれくらい従業員を追加すれば良いかなど考えやすくなります。
作業に遅れを取らないためにも作業状況を確認することが大事です。

情報共有できる

工事管理システムでは、リアルタイムで作業状況や工事写真等を共有できます。
そうすることで、作業員が作業状況を知ることができ、作業の効率化が測れます。

デメリット

工事管理システムを導入するメリットはありますが、デメリットもあります。

コストがかかる

工事管理システムを導入する際は初期費用や月額料金がかかる場合が多く、コストがかかります。
導入する際は、予算と照らし合わせて見積もることが必要となります。

使いにくいものもある

パソコンやスマホを使うため、操作がしにくかったり、わかりにくかったりする場合があります。
そのため、事前に操作の研修をする場合もあるでしょう。
また、必要のない機能があるとわかりにくく、作業効率も落ちてしまいます。
カスタマイズができるシステムは、使わない機能をオフにしたりとより分かりやすい画面で作業ができるため、選ぶポイントになります。

工事管理システムを選ぶポイント

工事管理システムを選ぶ上で重要なポイントを紹介します。

機能が自社に合うか

工事管理システムと言っても、そのシステムによって使える機能が様々です。
また、必要でない機能があることで画面が見づらくなることがあるので、機能が多ければ良いというわけでもありません。
そのシステムの特徴を詳しく調べて、どの機能を使いたいかによって選ぶと良いでしょう。

操作がしやすいか

操作がしにくいと操作に時間が取られて、作業がスピーディーに進められません。
せっかく工事管理システムを導入しても時間がかかってしまうのであれば、導入した意味がありません。
そのため、誰でも操作がしやすいようなシステムを選ぶと良いでしょう。

サポートが充実しているか

クラウド型のシステムを使う際は、サポートが充実しているかを見ることが重要です。
システムの使い方を教えてくれたり、また、システムのバグやデータが漏洩したり改ざんされた場合に、迅速に対応してもらえるところが良いでしょう。

工事管理システム4選

おすすめの工事管理システムを紹介します。

アイピア

アイピアでは情報を一元管理することができ、建築業務に必要な機能をまとめて搭載しているため、建築業務はこのシステムだけでできます。

特 徴

  • パソコン操作が苦手と感じている方でも直感で操作ができる
  • 書類やファイルなどさまざまなものを一元化できる
  • クラウド型だからネット環境が整っていればスマートフォンやタブレットからも確認可能
  • カスタマイズでもできサポートも充実していて安心
提供形態 クラウド型
参考価格 ・ライト・・・初期導入費用120,000円/最低月額利用料金(5ユーザーまで)10,000円
・ベーシック・・・初期導入費用360.000円/最低月額利用料金(5ユーザーまで)20,000円
・プロフェッショナル・・・初期導入費用450,000円/最低月額利用料金(5ユーザーまで)30,000円
体験版

ダンドリワーク

工事管理に必要な情報を一元化し、作業を効率的に進められます。
また、建築業界出身ならではのサポートも充実しております。

特 徴

  • 施工現場に必要な情報すべてをクラウド上に一元化
  • 通知や既読機能がある
  • 異なる元請会社の情報もシームレスに閲覧可能
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用20万円~
月額料金19800円~
体験版 無料トライアル有

ANDPAD

現場の効率化から経営改善まで一元管理できるシェアNo.1の施工管理アプリです。
インボイス制度・電子帳簿保存法にも対応しています。

特 徴

  • 施工管理事務を一元管理
  • チャット機能でリアルタイムで情報共有
  • 共有した図面にコメントや書き込みができる
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用10万円 
月額料金 要問い合わせ
体験版 記載なし

現場ポケット

現場・事務所から現場管理に特化した機能を使うことができます。

特 徴

  • 報告書が短時間で作成できる
  • 導入費用が安い
提供形態 クラウド型
参考価格 初期費用0円
月額料金 8800円
体験版 最大2ヶ月無料トライアル

工事管理システムなら建設業向けシステム「アイピア」

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。
さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。

まとめ

工事管理システムを導入することで、工事全体の状況を一元管理して知ることができ、業務改善や従業員の負担軽減に繋がります。
そうすることで、作業がスピーディーに進めることができます。
また、従業員にデータを共有したり、チャットもできるため、問題が起きたりしても迅速に対応することができます。
工事管理システムを導入したいと思っている方は使いやすさや機能、サポート体制を重視すると良いでしょう。
業務を改善したいと思っている方は、工事管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。

執筆者情報

関連記事

  1. クラウド型の顧客管理システムとは?無料システムおすすめ6選!

    クラウド型の顧客管理システムとは?無料システムおすすめ6選!

  2. 一人親方のメリットとは? 独立時に必要なことや デメリットをご紹介

    一人親方のメリットとは?独立時に必要なことやデメリットをご紹介

  3. 【2023年最新】請求書受領サービスおすすめ15選!メリットや比較ポイントを解説

    【2023年最新】請求書受領サービスおすすめ15選!メリットや比較ポ…

  4. 【2023年度】建築積算士とは?業務内容・試験概要をご紹介

    【2023年度】建築積算士とは?業務内容・試験概要をご紹介

  5. リフォーム業界で役立つ資格5選!資格の概要や試験方式をまとめました

    リフォーム業界で役立つ資格5選!資格の概要や試験方式をまとめました

  6. 施工管理技士とは?種類や仕事内容と資格取得のメリットをご紹介

    施工管理技士とは?種類や仕事内容と資格取得のメリットをご紹介